あすかのシンデレラノート

あすかのシンデレラノート

未来のための成長記録とときどき猫

病気になったからわかったこと

f:id:ask10225:20180524105918j:plain


こんにちは!あすかです(*^^*)

少し暗い話かもしれないのでスルーしてもらって大丈夫です。


先日、病院で1年検診を受けてきました。

実はわたし癌だったんです。
手術したのは9年前。
高校1年生のときです。
夏休みに入院して手術をしました。

病名は「甲状腺乳頭癌」

妊婦さんや女性がなりやすい病気です。

わたしの場合だと高校の校務の先生がきっかけで発見に至りました。

その先生、首をちょっと見ただけで気づいて。
言われた通りに家で見てみたら、確かに喉仏が出ていて「すごいな」って思いました。


入院するまでは楽しかったんですけど、手術前ってやっぱりちょっと怖くて。
あまり寝れなかったな。

手術当日の朝、てっきりストレッチャーで手術室まで行くもんだと思ってたらまさかの歩いて手術室まで行きました。

ドラマの見すぎだね。
実際は歩ける人は歩いて行くみたいです。

手術前に手術室がどんな部屋なのか見学させてもらったんだけど全く覚えてない。
麻酔で起きたら記憶ないんだもん。
なんか勿体ないことした気分だった。

術後は首が痛くて辛いし、肩は固まるわで大変だったけど治りが早くて1日早く退院できました!

若いってこういうときにいいよね。

2学期から普通に学校通ってたけど、クラスから軽いいじめを受けました。
首の傷痕で。

わたし自身そんなに気にしてなくて、いじめもスルーしてました。
今思うと昔の自分強い。

今では首の傷痕もよく見ないと分かりません。


1つ言えること。
病気になって健康の大切さに気づきました。
人は健康が1番です。

いつ死ぬか分からない。
大事な人は大切にしたい。
そう思いました。

生きてるって素敵です。
長生きして楽しい人生にしたいです。





最後まで読んでいただきありがとうございます。
TwitterInstagramもやっています。
よかったらフォローお願いします(*^^*)
instagram.com