あすかのシンデレラノート

あすかのシンデレラノート

未来のための成長記録とときどき猫

【カラコン】BC?DIA?ってなに!?レンズデータの見方教えます!

こんにちは!あすかです(*^^*)


カラコンを購入する際にBCやDIAなどを確認しますよね。
初めてカラコンを購入する方は分からないことが多いと思います。

今回はカラーコンタクトのレンズデータの見方やカラコンを購入する際の注意点をなるべく分かりやすく書いていきたいと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。

f:id:ask10225:20180706193127j:plain


BC


まずBCとは。
ベースカーブのことをいいます。

レンズのカーブ、コンタクトの曲がり具合を示した言葉。

BCはミリ単位で表記され、大きければ大きいほど緩やかなカーブになっています。

BCが小さいと眼球が窮屈に感じることがあり、BCが大きいと眼球が動いたときにレンズがズレたような感覚になることがあります。

ぴったりのBCを選ばないと不快感を覚えるので、なるべくぴったりのものを選びましょう。

日本人の平均BCは8.6の方が多いので、8.6で設定されているカラーコンタクトが多いですね。
わたしのBCも8.6でした!

誤差は±0.1で抑えるとよいそうです。


DIA(ダイア)


DIAとは、レンズの直径のことをいいます。
実際に測るときはドーム状のままで測っています。

サイズは14.0ミリ、14.2ミリ、14.5ミリなど。
韓国のカラコンなどは15.0ミリなどもあります。

個人的にオススメなのは14.2ミリ。
ナチュラルに盛れます。

デカ目重視の方には14.5ミリがオススメ◎
普段使いなどには14.0ミリがオススメです。


ただしDIAが大きい分角膜が覆われるために、角膜が酸欠状態になります。
角膜も息をしているんですね。

カラーコンタクトだけではなくコンタクトレンズも長時間着けないようにしましょう。


着色直径


名前の通り、色が着いている部分の直径のことです。
こちらもDIA同様ドーム状のまま測っています。

この部分が黒目の大きさになり、大きく見せたいときは着色直径が大きいものを選び、ナチュラルに見せたいときは着色直径が小さいものを選びましょう。

サイズは12.5~14.5ミリ。

裸眼と変わらないサイズは12.5ミリ~13.1ミリ。
少しだけ変化を求めるなら13.2ミリ~13.4ミリ。
ナチュラルに盛るなら13.5ミリ~13.7ミリ。
デカ目に見せるなら13.8ミリ~14.5ミリ。

わたしはよく13.7ミリを使用していました。
ちょっと大きく黒目を盛れるものが好みです。


カラコンをはじめとするコンタクトレンズの含水率


含水率とはレンズに含まれる水分の割引を%で表したものです。

50%以下のものを低含水コンタクトレンズ
50%以上のものを高含水コンタクトレンズといいます。


低含水コンタクトレンズも高含水コンタクトレンズもメリットとデメリットがあります。

低含水コンタクトレンズは、水分が少ない分着け心地は悪いが乾きに強い。
高含水コンタクトレンズは、水分が多い分着け心地はよいが乾きに弱い。

このようにメリットとデメリットがあります。

なので↓↓
低含水コンタクトレンズは、乾きに強いのでドライアイの方にオススメ。

高含水コンタクトレンズは、水分が多く着け心地がよいのでカラコンコンタクトレンズ初心者さんにオススメです。

※ただし、個人差があるのでどれがいいとは断言できません。


最後に


カラーコンタクトやコンタクトレンズを着ける際は、必ず眼科の受診と定期受診をお願いします。


10代の頃はカラコンをよく使っていて、手放せませんでした。
今はメイクの方法を変えて、自力でデカ目に見せてます(笑)


カラーコンタクト、コンタクトレンズを着ける際は、注意事項をしっかり守って着けましょう!


カラコン紹介記事も書いているのでよければ見てください。

合わせて読みたい↓↓

ask0505.hatenablog.jp





最後まで読んでいただきありがとうございます。
TwitterInstagramもやっています。
よかったらフォローお願いします。
instagram.com